情報やノウハウ

コネ入社は悪か

仕事イメージ画像

親族や知り合いに紹介してもらって会社に入ることをコネ入社といいますよね。

そして、このコネ入社ですがどちらかというとネガティブにとらえられることが多く、コネ入社は悪だといった風潮もあります。

ところでこのコネ採用ですが今でもあるのでしょうか。

コネ入社は今でもあるのか

コネ採用は別名縁故採用といって今でも結構あるようです。私の職場周辺にも縁故採用で入ってきたであろう人は数名います。

はっきり公言している人もいますし、本人の口から聞いたわけではないのですが多分そうだろうと思う人もいます。

本人の口からコネ入社だといわなくてもなんとなくわかります。

コネ入社のルート

このコネ入社にもいくつかルートがあります。

縁故採用のルート

  • 親族からの紹介
  • 知り合いの人からの紹介
  • その会社に勤めている人からの紹介

また、コネ入社といえるかどうかわかりませんが、学生時代にアルバイトをしていた・非正規社員として働いていた場合、職場の上司からの推薦がもらえる場合もあります。また、私の職場は技術系なので推薦で入社した人も多くいます。

コネ入社は嫌われる?

そして、コネ入社してきた人に対する周囲の反応はどうでしょう。

私自身、縁故採用で入社してきた人にネガティブな印象はなく、逆にとても頑張り屋さんが多いといった印象が強いです。他の人もこの人はコネ入社かなとわかっていてもそのことに触れることはありませんし、周囲で噂話をするようなこともありません。

縁故採用で入社してきた人は仕事ができない人ではと思うかもしれませんが決してそんなことはありません。むしろ優秀でそしてとても頑張り屋さんが多いです。

私自身はコネで入社したわけではないのではっきりとはわかりませんが、やはり紹介してくれた両親や親せき知り合いの顔に泥を塗るわけにはいきませんから真面目に働くのでしょう、結果周囲からも信頼され評価されるのだと思います。

コネ入社は企業側にもメリットあり

コネ採用は企業側にもメリットがあります。

最大のメリットはある程度の入社人数が確保できることです。通常の採用の場合、内定を出しても別の会社に逃げられてしまう可能性がありますが、縁故採用なら逃げられることはありません。

もう一つのメリットは上でも紹介していますが、本人も自覚があり真面目に働いてくれる可能性が高く、そう簡単にやめますとは言えないので直近の離職率も低くなります。

使えるコネがあるのなら使った方がいい

もしあなたが縁故採用を受けるかどうかで迷っているのであれば是非利用してください。

普通ならとても入ることができない会社に入社するチャンスをみすみす逃してしまうのは勿体ありません。

但し、それなりの覚悟は必要です。せっかく紹介してもらって入社したのに、すぐにやめてしまったりすれば紹介してくれた人の立場が悪くなります。

一生懸命働いていれば何の問題もありませんので縁故採用のルートがある人は是非活用してください。

こちらもどうぞ

-情報やノウハウ

© 2021 山より大きな猪はでない Powered by AFFINGER5