情報やノウハウ

職探しのコツ-就職支援サイトで学歴要件にチェックを入れていませんか

イメージ流れ

就活を進める中で多くの人が利用するのが就活サイトです。その中で大学を中退した人が主に利用するのが転職サイトになります。

学歴要件にチェックを入れると

この転職サイトでの求人検索は重要ですよね。せっかく自分に合った求人があったとしても検索してヒットしなければその求人に出会うことはできません。

今回はその求人検索で損をしないために気を付けてほしいことについて紹介します。

 学歴要件にチェックを入れない

 大学を中退した人が、自分は高卒だからと学歴不問や高卒以上にチェックを入れて検索をする人は多いのではないでしょうか。

転職サイトの検索で学歴に関しては、チェックを入れないか『学歴不問』『高卒以上』『短大専修以上』などがあります。

学歴不問で検索すると、学歴不問を設定し求人を出している企業しかヒットしません。

それ以外の学歴について特に設定をしていない企業はヒットしないのです。

そのヒットしなかった企業の学歴要件についてはその求人ページにいかないとわかりません。

試しに学歴要件にチェックを入れずに検索してみてください

試しに学歴要件にチェックを入れずに何件か検索してみてください。そして、複数ヒットした各企業の詳細ページに載っている資格要件をみてみてください。大卒以上の案件もあれば高卒以上の案件もあります。

おそらく『学歴不問』や『高卒以上』でヒットする企業は予め企業側から『学歴要件で~を入れてほしい』と希望があった案件だけが抽出されるのでしょう。

そして、わざわざ学歴不問でのフィルターを希望する企業は...わかりますよね。

自分は中退者だから学歴不問や高卒以上の求人しか応募できないだろうと勝手に決め込むのは自ら就職の間口を狭めているようなものです

知り合いの中退者は学歴要件に満たない企業で内定を獲得した

私の知り合いの人は転職サイトでは高専卒以上に設定されている技術系求人に応募したところ、企業からメールが直接届き2度の面接を経て見事この会社に採用されました。数千人規模の上場中堅メーカーです。

もし、この人が“学歴不問”や“高卒以上”にチェックを入れて検索をしていたらこの企業にはたどり着けなかったでしょう。 

掲載されている学歴要件にマッチしていなくても面接までたどり着ける企業は結構多いと思います。そのような企業に出会うためにもむやみに学歴要件にチェックを入れて検索をしないようにしましょう。 

同じく経験不問などあまり細かくチェックを入れない

これも同じ理由です。経験不問で求人を出していなくても、ほぼ経験不問に近い企業やポジションも多くあります。また、仮に経験条件を設定していたとしても、望ましい経験であって必須ではない企業もあります。

職種を必要以上に絞り込まない

 同じ企業でも募集する職種によって資格の設定を変えています。これがしたいと思った職種があったとしても許容できる別の職種も幅広くチェックを入れておきましょう。

ただ、何でもかんでも入れると検索結果が膨大になりすぎて求人の閲覧が雑になってしまいますので、そこはバランスを考えてになります。また、複数回に分けて検索するのもいいと思います。

ヒットした案件数が数百あっても全て確認する

上の要件で検索をかけると地域にもよりますがだいたい200から多ければ500件以上くらいはヒットすると思います。

大変だとは思いますが数日かけてでも全てチェックしてください。自分の今後の人生を左右すると思えばできると思います。

1-2時間もすれば嫌になると思いますがそのようなときは時間を空けるか日をまたいででもひとつずつ丁寧にチェックするようにしてください。

 検索結果を後ろからチェックする

最後に小ネタを紹介します。

検索をして出てきた結果を1ページ目からではなく後ろからチェックするようにしてください。

普通は1ページ目から順番にチェックしていくと思いますが何ページか後の結果についてはみなくなる人も多いと思います。後ろのページに行くほど目に留まりにくいため競争率も下がります。更に、後ろのページに出てくる求人の方がいいものが多かったりしますので是非検索結果は後ろからチェックしてみてください。

まとめ

  • 学歴要件・経験要件にむやみにチェックを入れない
  • 職種検索は幅広く
  • 数百件ヒットしても一つずつ丁寧にチェックする
  • 検索結果は後ろから

以上です。良いご縁がありますように。

-情報やノウハウ

© 2021 山より大きな猪はでない Powered by AFFINGER5