中退を考えている人へ

有名大学の中退者は就活で有利か?

イメージ画像

ここでは、中退した大学の入学時の難易度によってその後の就職に影響がるかどうかについて考えていきます。

大学の入学難易度は様々

同じ日本の大学でも入学時の難易度は大きく異なります。今は、オープンキャンパスに参加すれば入学手続きの書類をくれる大学も一定数あるようです。

一方、難関大学といわれるところは合格するためにはそれ相応の努力と時間を要します。

中退した大学の入学難易度で今後の就活に差はでるか

その入学難易度の差が今後の就活に影響するか?ですが少なからずあるようです。

大学中退者が企業に敬遠される理由は、継続性がない人なのでは?・踏ん張りが効かない人では?などと疑われるからです。

大学を中退した人でも、入学難易度の高い(国公立大学やある程度の入試難易度が維持できている私立大学)大学に入学できたことは、少なくとも大学入学までは、継続して勉学に励んできたことを担保することが出来ます。

そして、今の人手不足も手伝って、『中退にはなにかやむおえない理由があるのでは?話だけで見聞いてみようか。』と思ってもらえる確率は、少しは高くなるのではないでしょうか。

中退した人の扱いは企業で異なる

ただ大学中退者に対するとらえ方は企業によって様々です。

有名大学中退だうと、問答無用で脱落者の烙印を押す企業もあれば・エントリーシートに目を通して興味を持てば会って話を聞いてみようとしてくれる企業もあります。

また、過去に中退者を採用したところ、思いのほか真面目に良く働くことから、ポジティブにとらえてくれている企業もあるでしょう。

実際、中退者を採用した企業にアンケートをとったところ、学卒者と殆ど能力の差は感じないなど概ねポジティブな回答が多かったようです。拾ってもらったという意識から頑張る人が多いのかもしれません。

ただ、大手企業には今の売り手市場でも多くの新卒学生がエントリーします。

その中でわざわざ中退者を採用して、万が一その人の働きが悪かったり・何か問題を起こした場合採用担当者の責任が問われます。

大企業の人はその辺かなり安全志向ですから、社会経験がない状態でエントリーしても、面接にたどり着くのはかなり厳しいと思います。

どうしても、有名な大企業に入りたい場合は、一度就職をして、スキルを磨いてからのキャリアアップを目指すという方法もあります。

結局面接まで行けば人となりをみられる

しかし、これはエントリー時点の話で、中退した大学に自信がない人はより多くの企業にエントリーすればいいのです。

面接にたどり着いた時点で、大学の入試難易度は全く関係なく、面接官はその人の人となりを見ます。入学難易度の低い大学を中退したとしても、中退に至った理由ややる気を採用担当者の人が納得できるようきちんと説明できれば問題はないと思います。 

-中退を考えている人へ

© 2021 山より大きな猪はでない Powered by AFFINGER5