社会に出ると

大学を中退して就職した人その後

イメージ空

当ブログで紹介しました大学を中退して無事就職した人ですが、入社1年を無事に迎えることができました。

現場研修を終えて配属部署でOJTで仕事を頑張っている最中のようです。

入社が決まった時は、『おめでとう!拾ってもらったんだから少々の不満は我慢して会社に恩返しできるよう頑張って!』と話し、本人も深くうなずいていました。

しかし、そこは人間です。予想はしていましたが、本人の口から少しではありますが会社への不満もちらほら出るようになりました。

私もそうですが、転職して今の会社に入社できた時はとてもうれしくて『頑張ろう!』って思っていましたが、少しずつ会社の足らないところが目につき始め不満も感じるようになりました。

今は一周まわって会社への感謝の気持ちが強くなってきましたが、人間は基本恩知らずな生き物です。

最初はうれしさばかりですが次第に不満が出てきます。

しかし、パーフェクトな会社など絶対にありません。

複数の人間と関われば不満も必ず出ます。

最近は新卒入社した人の3割が3年以内に転職をするそうです。時代も変わって終身雇用はなくなってしまいましたし、最近はキャリアパスを考えたポジティブな離職者も多いのだと思いますので当然の流れなのかもしれません。

しかし、会社への不満から退職する人も多いのでしょう。

しかし、どこに行っても不満はつきものです。石の上にも3年という言葉はとてもいい言葉だと思います。

多少の不満はあっても3-4年頑張ればだいぶ落ち着いてくると思います。

但し、入社した会社が不幸にもドブラック企業で命の危険にさらされそうな場合はこの限りではありません。

幸いその人も不満は口にはしますが、総じて良い会社であることは十分に理解していて、しっかり仕事を覚えていきたいと考えているようです。

-社会に出ると

© 2021 山より大きな猪はでない Powered by AFFINGER5